介護 副業

必見!介護職におすすめする副業・ダブルワーク厳選集 

介護職の給与所得の少なさは介護の現場での人員不足の原因のひとつです。
給料が少ないと今月もギリギリだな。貯金したいけど生活することでいっぱいいっぱいだ。という風にお金の不安を抱えていませんか?

介護職は、基本給が安く資格手当や夜勤手当などの手当てで何とか人並みに生活が出来る収入になっている職場が多いと思います。

わたしの職場でも稼ぎたいので夜勤の回数を多くしてくれと上司に頼む職員もいます。

しかし、夜勤手当の金額によりますが夜勤の回数を多くしても余裕がでるほど給与が上がらないケースもあると思います。

職場によってはコンビニで夜間働いた方が良いのでは?というレベルの職場もあると思います。

現在、働き方改革で副業を推奨するようになってきましたが、社内規定で副業を禁止してる介護施設が多いと思います。

個人的に少ない給料しか払えない会社が長い時間拘束し、さらに副業まで禁止するというのは正気の沙汰ではないように思います。

お金の余裕は精神の余裕に繋がります。介護の仕事は精神的ストレスが大きく、仕事でもストレス、お金に関しても不安を抱えている状況だと大変ですよね?

不平不満を感じているだけでは何も変わりません。あなたが少しでも行動することで状況はかわります。

あなたはもっと収入を増やせるんです。いきなり10万円稼ぐことは難しいですが、1~2万円でしたら可能です。

1~2万円稼げるようになってきたらその経験を生かして更に稼ぐことも可能です。今より少しでも収入が増えれば少しは楽になりますよね。

注:うんちくはいいから具体的な副業について知りたいんだよ!という人はメニューから介護士にススメル副業一覧に進んでください。

介護職が収入を上げるには

所属している会社1ヶ所からの収入に依存すると仕事を辞めると収入が全くなくなるリスクがあります。

収入を多くしたいのであれば今の職場より待遇の良い施設に転職するのが良いと思います。

しかし「今の職場は給料安いから出来れば転職したい。」と考えていても転職期間の間、無収入になるのが不安で転職に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

「給料は安いけど今の施設は仕事が楽だし転職して仕事が大変になるくらいなら今の収入でも良いかな」と考えている人もいると思います。

それでは転職はしたくないけど収入を増やすにはどうすればいいのでしょうか?

転職したくない介護職が収入を上げるためには収入源を増やす必要があると思います。

わたしは、本職の介護職の他に仕事をして収入を得ています。
月数万円ですが、それを習い事など子供たちのために使っています。

月1万円収入が増えるというと「仕事以外に働いてまで、はした金いらないよ。」と考える人も多いと思います。でも冷静に考えてみて下さい。

あなたの働いている会社は1年でいくら昇給しますか?1000~5000円くらいではないですか?基本給が1万円昇給するのに何年かかりますか?今持ってる財布に1万円多く入っていたら嬉しいですよね?

しかしそれはあなたの意思と行動力があれば実現可能なことです。

お金を稼ぐということは行動することだと思います。

今の時代ノウハウは、ネットを探せばいくらでもあります。

月2~3万円は、すぐ稼げるようになります。

副業で検索すれば色んなお金の稼ぎ方を知ることができます。

身近なもので言えばメルカリやヤフオクなどで物を売ってみるのも良いでしょう。

行動すれば結果はついてきますよ。

働いている介護施設は副業を禁止しているのでバレるのが不安

厚生労働省の就業規則モデルでは副業を推奨しています。しかし、まだ普及していないためにほとんどの企業で副業は禁止又は許可制となっています。

職場にバレないでこっそりやるには雇用されない方法で副業を行う必要があります。雇用される副業とはコンビニバイトや居酒屋、新聞配達など誰かに雇われて働くことをいいます。

バレないで副業をするにはメルカリやヤフオクで物を売るなど等の個人で稼げる副業を行う必要があります。

だから、就業規則で副業禁止にされているからと考えて行動出来ない人もいるのではないかと思います。でもそれだと何も変わりません。

だから実際に副業をしてみて稼げるか挑戦してみましょう?挑戦した副業に対して才能があるかもしれませんよ?

よくニュースで年金の話題があがっていますが、今働いている世代は年金を貰う年齢になった時に生活していくのに充分なお金は貰えません。

働き方改革も将来金銭的な補償ができないから働ける時に働いて老後に備えておいてねという側面もみられます。

今後はお金に不自由なく生きていくには会社に属さなくてもお金を稼ぐスキルが必要になっていく時代です。

でも私なんて何の取り柄もないしそこに学歴や職歴は関係ありません。

必要なのはあなたの行動力です。

収入が少なくて不満があると文句を言ってる時間すらもったいないです。
文句を言ってる暇があったら行動しましょう。
そして、継続していくことが大事です。

介護職は、時間も不規則ですし日曜日や祝日もないので時間が取りづらいとは思います。ですので休日、夜勤前、夜勤明けの空いている時間を有効に活用するなど自分にあったペースで出来る副業が長続きします。

介護職でもできる副業一覧

コンビニや居酒屋など気軽に出来るアルバイト

これが一番現実的にお金を稼ぎやすいのではないかと思います。職場で副業を認めてもらえる場合は雇われて働くのが一番簡単にお金を稼ぐことができます。

介護職は、働く時間や休日が不規則なためアルバイトとなるとシフトにいれもらう日時を考慮して貰わなければなりません。

副業ですので本業に影響が出ない程度に働きましょう。稼ぎたいからといって休日や夜勤明けのほとんどにシフトを入れるなど無理はよくありません。

そのうち身体を壊します。介護職をしてさらに他で働くとなると相当疲れます。ですので体力に自信のある方におススメです。

ヤフオクやメルカリ・アマゾン・ミンネで転売・販売

これは普通に働くよりハードルが少しだけ上がります。まずは自分の不要な持ち物を売って稼ぎましょう。持ち物を売って軍資金が出来たら転売に移行していきます。

ヤフオクやメルカリ、アマゾンでの転売についてのノウハウはネット上にかなり出回っていますのでググって調べてみると沢山の情報が得られます。

時間を拘束されないので空いた時間で出来るのがメリットです。コツを掴むまで時間がかかりますが、少しずつ規模を大きくしていくことで月10万円以上の収入も射程圏内です。

メルカリの始め方を詳しく知りたい方は→ノマド節約術様

パチンコやパチスロで稼ぐ

わたしが以前行っていた副業です。介護職でパチンコやスロットをやっている人は結構いると思います。パチンコやスロットなんて所詮ギャンブルだろ?という方もいると思います。

基本的に専業のプロがいるジャンルは稼ぐ手段があると考えた方がいいです。わたしも長年プラス収益を続けてきました。稼ぐにはパチンコやパチスロで勝てる手段を正しく理解する必要があります。

わたしは休日や夜勤明けに行っていましたが普通のアルバイト同様に稼ぐには時間をとられます。パチンコやパチスロが好きで何時間でも打ってられるという方にはおススメです。

パチンコやパチスロは確率からくる期待値が全てです。波というのは結果論で誰も予測できないものです。経験則やオカルトでの立ち回りは100%収支がマイナスになります。

パチスロで勝つためのおすすめサイト→スロパチクエスト様

特技や趣味を生かす

最近テレビCMやネットの広告によく出ているスキルや得意を売るというものがあります。介護の仕事をしていると装飾などを作る機会も多いと思います。介護職は絵が上手だったり手先が器用な人が多いと思います。

裁縫やアクセサリーなど物を作るのが得意なら作成したものをミンネなどのサイトで販売する方法もあります。

イラストが得意、ファッションが好きでコーディネートが得意、メイクが得意でアドバイスができる、文章を書くのが得意など自分の得意をクラウドワークスや 知識・スキルの販売サイト【ココナラ】 売ることができます。こちらも沢山受注しすぎなければ空いた時間を活用できるので時間を拘束されたくない方におススメです。

ブログ運営を行う。

ブログ運営とはアフィリエイトブログを運営し広告を貼ってお金を稼くことです。初期投資も少なく誰でも簡単に始めることができます。

上手くいけば収入も月数十万得ることができます。

半年から一年は、無収入でブログ運営していかなければなりませんが、収入が発生し始めると高額な収入も夢ではありません。

介護職こそアフィリエイトブログを始めて副収入を得るべき理由副業が解禁されたとニュースになっていますよね。しかし、いざ副業をして収入を増やしたいと思っても何をすればいいのか分からないというのが本音...

金銭的自由は精神的余裕につながる

仕事以外で稼げるということは自信にもなりますし、金銭的な自由は精神的な余裕を生んでくれます。月に1万円収入があがれば少し余裕が出ますよね?わたしも色々と挑戦しています。最初は上手くいかない事もありますが、この記事を興味をもって最後まで読んでくれたあなたならきっと出来ます。継続は力なりです!!一緒に色んな可能性を探してみましょう!!

介護福祉士や介護士の年収の話 給料はいくら?介護職は人材不足で就職しやすい職業のひとつですが、待遇面では給料が安いというイメージがあります。ハローワークなどで求人情報を調べてみると...
介護施設の夜勤の勤務時間 夜勤手当はいくら? 介護は利用者に24時間関わっていく必要があるため、日中帯の勤務以外に夜勤勤務もあります。介護施設の勤務形態は2交代か3交代のどちらかのシ...