介護 仕事 転職

子育てと介護職を両立していくために必要なこと

あなたは子育てと介護職を両立できなくて悩んでいませんか?

介護職は、利用者を365日24時間介護するために交代で勤務をしなければなりません。

独身だとそれでも働いていけますが、結婚をして子供がいるママは大忙しです。

仕事や育児に家事と忙しく自分の時間も作れない状況が続いていませんか?

ふと、今のまま介護の仕事を続けていくのを無理なのでは?と感じることがあると思います。

介護職、母親、妻と色んな役割をこなさないとならず悩んでいる人はとても多いです。

しかし、子育てと介護職を両立出来ている人もいます。

それでは介護職と子育てを両立していくためには、どうしたらいいのでしょうか。

子育て中のママが働きやすい環境とは

日曜祝日を休むことができるか

介護施設の多くは、時間が不規則で日曜祝日、お盆正月も働かなければなりません。保育園や小学校に通っている子供がいるママは、保育園や小学校が休みになる日曜祝日は休む必要があります。

時短勤務を利用できる

子供が乳児で保育園に通い始めたばかりだったり、小学校低学年で児童館が定員いっぱいで利用できないなどの理由でフルタイムで働くのが難しい場合があります。

そういう時に、1日の勤務時間を短くできる時短勤務を利用できると、とても働きやすいです。

旦那や両親が協力してくれる

不規則な勤務形態で共働きを続けていくには、家族の協力はかかせません。旦那や両親が育児や家事を手伝ってくれると体力的、精神的負担が減り両立しやすくなります。

旦那が昔ながらの亭主関白気質ですと、とても苦労する場合が多いです。

厳選!当サイトおすすめの介護転職サイト3選当サイトでは介護職の転職に、転職サイトを利用することをおススメしています。 待遇を交渉することで給料アップができる。 ...

育児中のママが家庭と仕事との両立で多い悩みとは

仕事・家事・育児が忙しい

フルタイムで働いて、疲れて帰宅したら食事などの家事を行い休む暇がない。自分の時間がないと悩んでいるママはとても多いです。旦那が少しでも手伝ってくれれば楽なのですが、協力的でないとすべての負担が全部かかってしまいます。

残業をするのが難しい

子供のお迎えや帰宅時間があるため、残業するのが難しい場合が多いです。他の職員が残業するなか帰らないとならないので気まずい思いをしてしまいます。

子供の急病で休むことになる

日中、元気だった子供が夜中急に熱を出すのはよくあることです。介護業界は、人材不足の事業所が多いため急に休むと出勤している職員に負担がかかるため、嫌な顔をされたり、嫌みを言われたりすることもあります。休みたくて休んでいるわけではないのに理不尽な思いをすることも多いでしょう。

夜勤や早番、遅番などの勤務ができない

家事や育児があるため、家族の協力や理解がないと日勤以外の勤務が難しいです。事業所によっては制限をつけられると困る、制限をつけたことでボーナスや昇給額が減らされるなどの対応をとられる場合もあります。

仕事と家事・子育てを両立しやすい介護の職場とは

日勤のみの介護サービス事業所で働く

特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームなどの入所系サービスの事業所は、そのサービス形態から2交代や3交代勤務を採用しているところが多いです。

そうなると、どうしても日勤以外に早番や遅番、夜勤の勤務をやらなければなりません。子育てに理解のある職場ですと日勤帯のみの勤務だけで働けますが、そうで無い場合は、退職を検討しなければならなくなります。

入所施設は、身体介助が多く入所者数も多いので体力的に辛いところが多いです。

そこで、デイサービスや訪問介護などの日中帯がメインのサービスを提供している介護事業所への転職を考えてみるのも良いのかもしれません。

老健から訪問介護員ヘルパーへの転職体験談介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホーム入所施設で働く人は多いと思います。 入所系サービス、通所サービス、訪問介護サー...

介護派遣に登録して働く

介護派遣は、収入も高めでこちらの労働条件にあった職場を探せます。日勤のみや1日数時間での勤務を行えます。もちろん土日祝日、お盆や正月も休みをとることができます。

自分の労働条件に合う職場を探せない場合は、介護派遣で働くのもひとつの手段です。


育児と介護職を両立が辛いなら転職も有り?

今の職場で介護職と育児の両立が難しいなら転職を考えても良いと思います。あなたのような経験のある介護士が喉から手が出るほど欲しいです。

あなたが働きやすい職場環境の職場に就職するために、面接時に自分の労働条件をきちんと提示することが大事になります。

労働条件とは、働く時間や休みの希望だけではなく給料面についても交渉しましょう。

自分の条件を伝えたうえで条件が合わなかった場合は、ご縁がなかったということです。次の職場を探しましょう。

介護職は、優しい人が多いので自分の働きやすい条件を提示したり、交渉したりするのを言い出しづらいことも多いと思います。

介護職であなたと同じような悩みを持っている人はとても多いです。しかし、うまく交渉出来るか心配だったり、そもそも交渉するのはちょっとと感じる方は介護専門の転職サイトを利用してみるのもひとつの方法です。

あなたに専属の担当者がつき、無料であなたの代わりに労働条件や給与について交渉してくれます。

今の辛い状況から脱出するためには、あなたが何かしらの行動をしなければ何も変わりません。

今働いている職場で家事と育児の両立が難しい場合は、転職することであなたの今の辛い状況が改善されるかもしれませんよ。

介護専門の転職サイトを使った方が失敗しない理由介護の求人を探しても求人数が多く希望の転職先を探すのが大変ではありませんか。 介護施設はどこも人材が不足しているので現存するほとん...